ベリサーブが考える検証のあるべき姿

3つの目的でテストし、QCD向上に貢献

3つのテスト目的

当社の考えるテストの目的は3つ。下流工程(テスト)において、機能どおりの動作を確認し、的確にテストを行い、欠陥を見つけることも重要ですが、さらに上流工程(要件定義・設計)において欠陥の混入を未然に防ぐことができれば、不具合改修にかかる手戻り工数が削減されたり、デリバリも早くなることで、コストメリットが高くなり、製品の信頼性も高くなります。

品質の作りこみと品質確認テスト

開発プロセスの上流工程で品質の作りこみを行い、欠陥の混入を抑止し、下流工程では、品質の確認作業を行い、欠陥の流出を防止します。また、テストの自動化を積極的に行い、高品質で効率的なテストを実行します。

上流工程での品質の作りこみでは、以下のサービスを提供しています。

開発仕様書の品質向上
  • テスト観点からの開発仕様書のレビュー
  • 上位(要求・要件)仕様書と下位(基本・詳細)仕様書の間の相違レビュー
テスト設計書の品質向上
  • テスト計画とテストアイテムのレビュー
  • テスト計画通りにテスト設計されているかなど仕様書の間のレビュー
仕様書のトレーサビリティとメンテナビリティ向上
  • テスト観点からの高品質なテスト設計

下流工程での品質確認では、欠陥の流出を防ぐため、上流で設計されたテスト項目を的確にテストすることで、要求通りに機能することを確認します。

さらに「魅力的な品質」づくりを目指して

当社は、お客様の課題を真剣に考え、テストという技術で解決していきます。提供サービスを、単なるテストとしてでなく「価値を与える検証」と捉え、お客様の製品やサービスが「魅力的な品質」になることを目指しています。長年培った経験と当社独自の検証理論、さらに新しい検証手法、理論の開発を続け、検証の観点から、効率的にお客様の課題解決を行っていきます。

関連情報/関連リンク