第3回 自動車機能安全カンファレンス

2015.12.15-16

「第3回 自動車機能安全カンファレンス」での講演について

「第3回 自動車機能安全カンファレンス」にて当社社員が講演を行いました。

【開催目的】
本カンファレンスは、国内外の自動車技術の動向に精通するエキスパート、及び、E/Eシステム開発に関する専門知識を豊富に有するエンジニアが一堂に会し、機能安全のベストプラクティスや共通の課題、課題に対する取組みなどについて、情報共有、意見交換を行い、自動車業界の機能安全活動の更なる底上げと裾野の拡大を図り、活動を推進するきっかけとしてご活用頂くことを目的としています。

【開催概要】
◆名 称: 第3回自動車機能安全カンファレンス
      -Automotive Functional SafetyConference-
      自動運転に向けた機能安全 実例を含めた機能安全の実際
◆日 程: 2015年12月15日(火)、16日(水)
◆場 所: ソラシティカンファレンスセンター
      (東京都千代田区、御茶ノ水)
◆主 催: 株式会社インプレス
◆共 催: 一般財団法人日本自動車研究所(JARI)
      プログラム委員会
◆構 成: 基調講演×2、招待講演×8、特別協賛講演×2
      企業講演×16、企業展示×5~10

講演画像

【 詳 細 】
 詳細については以下のホームページをご参照ください。
 http://www.impressbm.co.jp/event/afsc201512/index.html

【講演概要】

タイトル:

ECU開発におけるソフトウェア検証企業の役割

講演内容:

OEM・サプライヤーの開発現場は、多国仕向け・多車種・多バリエーション・多機能化・短開発期間・高品質要求の六重苦に加え、機能安全対応が義務化され、疲弊している。その中で、弊社が提供しているソフトウェア検証サービスの事例(テスト請負・テストプロセス改善・テストPMO・テスト自動化など)の紹介をする。

講 演 者:

株式会社ベリサーブ オートモーティブ検証サービス開発部 部長 鈴木 利彦


講演 ベリサーブ鈴木

以上