内製化vsアウトソース「増えるWebアプリ・スマホアプリ・IoT機器…セキュリティテストは誰がやる?」

2018.12.13

 当日はご多用のところ、多くの皆様にご参加いただきまして、ありがとうございました。
本セミナーでは、セキュリティテストの「内製化」「アウトソース」にフォーカスして、その長所・短所、実施の際のポイントなどについてご紹介いたしました。


内製化vsアウトソース

セミナー概要

日時 2018年12月13日(木)15:00~17:00
会場 株式会社ベリサーブ 15F セミナールーム
主催 株式会社ベリサーブ、株式会社ユービーセキュア

「Webアプリ脆弱性検査ツールによる内製化の考え方」
-内製化のメリット/デメリット-

株式会社ユービーセキュア  ソフトウェア事業部 ソフトウェアソリューション部 関根 鉄平様 株式会社ユービーセキュア
ソフトウェア事業部 ソフトウェアソリューション部 関根 鉄平様

<概要>

Webアプリケーションの開発工程で検査ツールを使うことで得られるメリットについてご紹介しました。 また、お客様事例のご紹介やWebアプリ脆弱性検査ツール「Vex」のデモも行い、検査ツールを用いた内製化のために準備するポイントについても併せてご紹介しました。

「Webアプリ、スマホアプリ、IoT機器のセキュリティテストの考え方」
-アウトソースのメリット/デメリット-

株式会社ベリサーブ ソリューション事業部 近藤 隆雄 株式会社ベリサーブ
ソリューション事業部 近藤 隆雄

<概要>
セキュリティテストのアウトソースに関する様々な課題を紹介しつつ、これまで取り組んできたセキュリティテストの実績をご紹介しました。 また、講演中にはアプリの脆弱性を突いてIoT機器を外部から操作する実演も行い、実際のテスト内容やアウトソースする際の注意点などをご紹介しました。


※当日ご紹介したサービスに関するご質問などありましたら、お問い合わせフォームをご利用ください。