社員メッセージ

2013年度入社 ソリューション・Webサービス事業部

西田 泰明

Q. ベリサーブを選んだ理由は

この会社の業務である“検証”が、大学で行ってきた研究と似ていると感じたことがきっかけでした。私は大学で工学系の研究室に所属していたのですが、実験を繰り返して悪いところを見つけ、改善するという工程を何度もこなしてきました。“検証”という、製品の悪いところを見つけて品質の向上に繋げる業務であれば、自分の得意なことを活かせると感じました。そして、この会社ならば、働く中で成長できるだろうと感じたことも理由の一つです。

Q. 他に検討していた会社はありますか?

私の場合、本腰を入れて就職活動を進めたのはベリサーブだけでした。工学系の大学出身だったこともあり、大学の友人や先輩は、家電メーカーや自動車メーカーに就職する人が多くいました。なので私も漠然と何か製品を作る会社に就職すると考え、色々と調べました。ただ、就職活動を進める中で、メーカー勤務が自分の性格と合わないと思いはじめました。ものづくりに関わりたいのだけれども、働く領域として別のものがないかと悩んでいたときに”検証”という仕事を知りました。先輩繋がりでベリサーブのことを知ったのですが、知ってからは一直線でした。自分の興味のアンテナが全てベリサーブに向いてしまったので、他は考えていませんでした。

Q. 入社前と入社後でベリサーブに対する印象は変わりましたか?

入社前は、世に出る前の製品情報を扱う会社ですので、ガチガチで堅苦しい雰囲気という印象を持っていました。しかし実際に働いてみると、気負うほどの堅苦しさは無く、大学院までの人間関係を少しステップアップさせたものというイメージを持ちました。例えば、むつみ会という社員会がありますが、BBQやジャズライブなどのイベントが開催されます。そこでは色々な世代の社員と交流がありますし、今私が働いている職場でも、先輩方やお客様と言葉を交わしながら仕事をしています。人との関わりが重要な仕事なのだと今は感じています。

Q. 自分が変わったと思うことは何ですか?

一番大きなものは意識の変化だと思います。単純にテストをこなすだけでは不十分で、「この人にテストをしてもらえれば大丈夫」と言われたいと思うようになりました。「この人に任せれば大丈夫」は、「この会社に任せれば大丈夫」に繋がります。ベリサーブが検証したらこの製品は安心だと言ってもらえるようになりたいです。その第一歩として、「西田がテストをしたら大丈夫だろう」という存在になりたいと思っています。最終的には、お客様から見た場合、「西田のいるベリサーブ」になればいいなと思います。

Q. 新卒の方へ向けてのメッセージ

私は今、同じ職場で働いている先輩方に追いつくことを目標に、日々の業務に取り組んでいます。先輩方と一緒にいて特にすごいと感じることは、お客様からの信頼度の高さです。扱っている製品に関して、機能によっては開発者の方よりも詳しく、質問を受けている姿は、後ろで見ていてとても格好いいものでした。そんな先輩方の下について、すこしずつ難しい作業にステップアップしながら教えてもらっています。日々の業務や研修を通して、入社してからも十分通用するようになれる会社なので、恐れずに来て欲しいと思います。

Q. あなたにとってベリサーブとは?

自分が得意な作業を仕事に出来た、という点では天職と言ってもいいのかもしれません。ですが、まだまだ学んでいる状態なので、自信を持って「この仕事は天職だ」と言えるように成長ができたらいいなと思います。