コード解析

ソースコードに対する静的解析で不具合の約40〜55%を解消※ ※当社データ

当社データによるとソフトウェア開発における不具合発生原因は、40%がコーディングミス、15%がコーディング漏れなどの単純なミスの割合が半数程度を占めているという事が明らかとなっています。

当社データによると、不具合の原因の約40%がコーディングミスであり、コーディング上の漏れなどを含めると55%程度にもなります。単純なミスなどがブロッキングバグとなり、手戻りを多くしているのです。当社独自のツールと専門技術者、検証エンジニアによる解析で、的確にレポーティング。速やかな対応が可能です。

ソースコード静的解析サービス VeriSource

お客様が開発されているプログラムに対し、静的解析ツールを用いた解析と当社熟練エンジニアによる分析を行い、内在するリスクポイントを洗い出します。

もっと詳しく

ソースコード脆弱性検知サービス VeriSource Secure

脆弱性診断では、外部からの擬似的な攻撃によって脆弱性の有無を判断するペネトレーションテストが一般的ですが、WEBサーバの動作などを直接チェックできる反面、内部処理の全てについてチェックできず、コーディングの仕方によっては発見できない問題が多発するリスクがあります。当社では、ソースコードから脆弱性を診断できるVeriSource Secureを提供しています。

もっと詳しく

OSSリスク管理ソリューション

お客様が開発するソースコードに対し、OSSが含まれているか検査し、ソースコードに内在するライセンスおよびリスクを報告。コンプライアンスリスクを低減します。

もっと詳しく

VERISERVE_contact_logo

お気軽にご相談ください。