ドキュメント検証サービス

導入メリット
  • コスト削減
  • コミュニケーションロス抑止
  • テスト設計品質向上

文章で記載された仕様書の曖昧さを解消

日本語で記述された仕様書の抜け漏れ、矛盾、考慮不足や誤記を検出します。それにより仕様に潜む曖昧性が招く開発者の誤解や不具合の作り込みを未然に防ぐことができます。また、テスト設計時のQ&A工数を削減し開発工数削減にも有効です。

独自ツールとテストエンジニアが高い品質を確保

今までの検証実績から培ったノウハウを取り入れた独自のツールにより一次解析を実施。さらに当社テストエンジニアが、抽出された解析結果の指摘事項を精査し、改善点の指摘を行います。

ツール

ツール解析

ツールを利用し仕様書を検証。指摘箇所を抽出し、属人化による作業品質のムラを排除。圧倒的な生産性向上、指摘品質の均質化、精査品質のムラを低減します。

結果概要

テストエンジニア

スクリーニング・指摘

属人化し起こりがちな精査品質のムラを観点ガイドの利用で低減。高スキルなテストエンジニアが現場の最新ノウハウをテスト観点に組み込むことで、プラスアルファの新たな指摘が可能になります。

指摘件数・指摘密度
指摘分類の割合

スピーディで確実に!1,000ページ以上でも2週間以内に納品

仕様書1ページあたり約700文字とした場合、平均1.6件/ページの指摘を行います。1,000ページ以上の仕様書でも2週間以内に納品します。(当社実績値)

関連情報/関連リンク