テスト設計支援ツール
TESTRUCTURE(テストラクチャー)

導入メリット
  • プロセスの標準化
  • ノウハウの可視化
  • 高品質化

開発仕様書や過去のノウハウを活用しテスト設計における品質のバラつきを抑制

TESTRUCTURE(テストラクチャー)は、当社が独自に開発した高品質なテスト分析/設計を行うための業界初の
テスト分析/設計支援プラットフォームです。
従来はテスト設計者個人の経験やノウハウに依存し、ブラックボックス化するところが大きかったテスト設計の
プロセスを可視化し、標準化や再利用による生産性の向上や効率化を実現します。

TESTRUCTURE フローイメージ
※1 Word, Excelからhtml形式に変換したファイルをインポート可能
※2 エクスポートするファイルはExcelで編集可能なxml形式

主な特長

テストベースへのタグ付け

テストベースへのタグ付け

エンジニアがテストベースの記述を読んで分析した結果を、テストベース上に
タグとして付与することで可視化。タグ情報は他画面に自動的に反映されます。

機能/テスト観点の整理

機能/テスト観点の整理

テンプレートを活用し、テスト対象の機能とテスト観点を階層的に整理することで構造化。
整理した結果は他プロジェクトのテンプレートとして再利用できます。

テスト項目の作成

テスト項目の作成

テスト対象の機能に対してテストすべき観点を対応させることで、テスト項目を作成。
テスト項目に対する文字列は自動的に生成されます。
マトリクス形式と一覧表形式の表示切替が可能です。

テストケースの生成

テストケースの生成

テスト項目に対して条件の組み合わせを指定することで、テストケースを生成。
All-pair法をサポートしており、組み合わせ数の抑制が可能です。
テスト項目・テストケースはエクスポートできます。

動作環境

動作環境は以下の通りです。

OS Windows7 Professional
Windows8.1 Pro
Windows10 Pro(予定)
メモリ 2.00GB以上
Java Java 1.8.0_73(32bit)
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11
※[Java 1.8.0_73] はインストーラーにて、同梱インストールされます。
本申込み 無料トライアル申し込み