CSR活動

ベリサーブは、経営理念である「夢ある未来を、共に創る」という理念のもと、
さまざまな社会貢献活動への取り組みを進めています。

障がい者スポーツ支援

障がい者スポーツの理念である「活力ある共生社会の創造」実現の一助として、選手の活動支援に取り組んでいます。2017年度からは複数の競技においてアスリート社員が当社に在籍し、各競技活動に専念して、国内外の大会に出場しています。また競技大会などの運営支援活動や講演会・体験会にも参加しています。当社は、今後も障がい者スポーツへの理解を進めるとともに、各アスリートの競技活動を積極的に応援してまいります。

活動支援を行っている競技

車いすテニス(Wheelchair Tennis)

 【2017年の活動】

 【2018年の活動】


一宮 剛

一宮 剛 選手 (クァードクラス)

ウィルチェアーラグビー(Wheelchair Rugby)
車いすツインバスケットボール(Wheelchair Twin Basketball)

 【2017年の活動】

 【2018年の活動】



崎山 忠行

崎山 忠行 選手 
(ウィルチェアーラグビー クラス0.5)

障がい者卓球(Para Table Tennis)

 【2017年の活動】

 【2018年の活動】



松尾 充浩

松尾 充浩 選手 (クラス 2)


障害者スポーツ射撃(Shooting Para Sport)

 【2018年の活動】



片山 友子

片山 友子 選手


フードバンクなどへの寄贈

当社は、災害対策として社員用に確保した飲食物や備品などを、賞味期限や使用期限を迎える前にフードバンクなどの活動を行っているNPO法人へ寄贈しています。 また、防災備品に関しても装備見直し入替えに伴って不要となったものを関連NPO法人へ寄贈しています。寄贈した飲食物および備品等は、生活困窮者を支援している 福祉団体を通じて野外生活者や児童施設入居者などへ無償で提供されています。
この取り組みは、同団体の活動支援だけでなく食糧廃棄の問題ならびに環境問題の解決や、廃棄コストの削減にもつながる活動と捉え、今後も積極的に継続してまいります。

VERISERVE_contact_logo

お気軽にご相談ください。