Recruiting Career

社員メッセージ | キャリア採用

Recruiting
Career

語学力を活かし、チームで働くことができる職場です

K.B

東日本オートモーティブ事業部

Q1. ベリサーブに入社するまでの経歴を教えてください。

私は韓国出身で、韓国の大学で日本語と英語を専攻していました。卒業後、日本のIT企業に、通訳者として入社しました。ところが、入社後に配属予定だった案件がなくなり、開発未経験であってもチャレンジがしやすい検証業務に携わることになりました。IT業界の仕事は、個々人がPCだけに向き合って、自分ひとりの仕事をするイメージだったのですが、チーム体制でコミュニケーション力が活かせる検証の仕事は自分にとても合っていると感じました。しかし、元々活かそうとしていた語学のスキルがほとんど活用できない環境だったため、検証経験と語学スキルの両方を活かせる会社への転職を決意しました。

Q2. なぜ転職先としてベリサーブを選んだのですか?

転職活動ではさまざまな検証専門の会社を受けましたが、その中でもベリサーブを選んだ理由は、入社後、私自身がいきいきと働いているイメージを持つことができたからです。特に事業部長との面接では、日常会話のような雰囲気の中で自然にこちらの話を引き出し、しっかりと耳を傾けてくれたことが印象的でした。私自身は、1つの会社でできる限り長く働きたいと考えているため、このような雰囲気の会社なら、その希望が叶えられると感じました。

Q3. 入社後に感じたベリサーブの良さとは何でしょうか?

やっぱり社風ですね。風通しの良い社風がベリサーブの一番の良さだと思います。私は良い人間関係の中で仕事をすることが、モチベーションやアウトプットの質の向上につながると思っています。その点で今の職場は活発にコミュニケーションをとってお互いに協力し合い、集中して仕事に取り組むことのできる、とても良い環境だと思います。土日も一緒に出かけたり、キャンプに行ったりすることもありますが、友達というよりも、一緒に目標達成を目指す仲間という感じですね。

Q4. ベリサーブへ入社後、検証業務について学ぶ機会はありましたか?

以前の会社では、個人の経験値に基づいた取り組みが多く、一貫した検証の理論をきちんと教わったことがありませんでした。しかし、ベリサーブに入ったら、検証のノウハウがしっかりと整理されていて、研修を通してきちんと学べるようになっていることに、とても驚きました。
今まで自分の経験値で何となくやってきたことに対して、研修を通して学んだ理論をもって、裏付けをすることができるようになりました。クライアントに対しても、検証の設計意図を、自信を持って説明できるようになりましたし、同時にこれまで培ってきた自分の知識の棚卸しにもなり、スキルアップに役立っていると思います。

Q5. 入社から現在までご自分の担当されている業務内容について教えてください。

入社してから今までずっと同じプロジェクトチームに所属しています。業務内容はカーナビゲーションの検証です。クライアント先に常駐しているのですが、海外OEMメーカーの製品、かつ多国籍のクライアントとビジネスをしているということもあり、現場では英語を共通言語としています。日本語が全く話せない外国人のお客様もいらっしゃり、公式な文書やメールもすべて英語となっています。ベリサーブのメンバーとは、日本語で会話しており、英語と日本語を活かせる環境という私の希望が叶っています。
入社してから3ヶ月でチームリーダーに任命され、今に至ります。前職でもチームリーダーの経験はありましたが、仕事の内容は全く異なるものでしたので、一から勉強し直さなければいけないこともたくさんありました。しかし、周りに恵まれて、支えられて、チームリーダーの役割を全うすることができていると思っています。入社時もマネジメントをしてみたいという希望を伝えていたので、今、私が働く上での希望は、すべて叶えることができています。

Q6. これまでの業務で、印象に残っているエピソードはありますか?

チームリーダーになってから最初に任された、終了報告書の業務です。1つのプロジェクトが終わった時に、プロジェクトのプロセスと結果を資料として報告するための、資料作成とプレゼンテーションを任されました。その際に、自分の直属の上長だけではなく、さらに上の役職の方々にも何度もレビューしてもらい、本当にたくさんの人に助けてもらいました。その結果として、プレゼンテーションも成功し、クライアントから高く評価してもらうことができました。
この経験から、今後、経験したことのない難しい業務があったとしても「周囲の人に助けてもらいながら、一緒に力を合わせればできる」という自信がつきましたし、「これからもリーダーを頑張ろう」と心が決まりました。

Q7. 仕事においてのモットーを教えて下さい。

私は、ポジティブな気持ちで仕事をすることが、生産性や業務効率を上げる鍵だと考えています。メンバーが楽しく仕事をするために、チームリーダーである自分自身がその環境を整えるよう、心がけています。そのために仕事の時間とプライベートの時間、オンとオフの切り替えを大事にしています。私の場合は仕事の後に、キックボクシングジムに通うのが日課です。ジムに行ってとことん汗を流すと、とてつもない開放感を味わえるんです。体力の向上にもなるし、ストレスも解消でき、「明日も仕事を頑張ろう」という気持ちになります。

Q8. 今後の展望を教えてください。

世の中がどんどんグローバル化している今、ベリサーブにおいて多言語に精通した人材を育成するのが私の使命だと思っています。さまざまな言語を母国語に持つメンバーで集まって、語学スキルや語学の知見を強みとして活かせる活動をしていきたいです。役職や立場ではなく、「ベリサーブで何を成し遂げたいのか」。自分の心の声に従って精力的に動いていきたいと思います。