Recruiting New Graduates

社員メッセージ | 新卒採用

Recruiting
New Graduates

お客様と対話しながら作る
その過程が楽しいんです​

S.T

2018年度新卒入社/情報系
西日本オートモーティブ事業部

Q1. 学生時代はどんなことに取り組まれていましたか?

大学では情報メディアコースを専攻していました。プログラミングを中心に幅広く学習しており、ベリサーブの業務と比較的近しいことも学んでいました。
学業以外では、在学中の4年間、不動産会社でアルバイトをしていました。実際にお客様に物件を案内・説明する業務なども担当しており、接客の難しさを学ぶことができました。

Q2.ソフトウェア検証という仕事を選んだ理由を教えてください。

大学入学時からIT業界に進もうと決めていたので、IT業界を中心に就職活動を始めました。さまざまなIT企業の説明会に参加しましたが、特にピンとくる会社がなく志望先に迷っていたところ、ベリサーブという会社があること、検証という仕事があることを知りました。検証の会社って堅そうだなという印象もありましたが、調べていくうちに興味が湧き、面白そうだと思うようになりました。

Q3.担当されているお仕事の内容について簡単に教えてください。

カーナビに関する検証です。現行モデルの製品に新しい機能が追加されることになり、そのテストに取り組んでいます。テスト設計もテスト実行もどちらも自分が担当しています。ベリサーブの社員が2名、協力会社の方が5名という体制なので、協力会社の方に指示を出したり、問い合わせに答えたりというところも私に任せてもらっています。

Q4.会社やチームの良いと思う点を教えてください。

メンバーと良好な関係の中で働けるということです。入社前は仕事柄、堅い人が多いのかなと想像していましたが、実際には皆とても接しやすく、楽しみながら仕事をしています。 また、学びやすい環境や雰囲気づくりを先輩が意識してくれています。チームリーダーは私に「どういう仕事をやってみたい?」「どういう力をつけたい?」などと聞いてくれて、私自身の意思を尊重してくれます。その上で「こんなスキルが必要だから、この研修を受けてみれば?」など助言してもらえるので、自分自身が成長しやすい環境で働くことができていると思います。

Q5.これまでの仕事で印象に残っているエピソードはありますか?

お客様が新しいサービスを展開するにあたり、社員の方向けの教材を作るプロジェクトがありました。お客様にとっても新しい取り組みなので、お話をいただいた段階では明確な完成イメージはありません。ミーティングを重ねながらイメージをすり合わせて、一緒に形作っていったことがとても印象に残っています。
すり合わせの際は不動産のアルバイトで培った接客スキルが役立つかと思ったのですが、いざとなるとガチガチに緊張してしまってうまく話せないこともありました。ただ、お客様の要望を直接聞きながら、教材を作り上げていくという工程は本当に楽しかったですね。

Q6.ベリサーブに入ってから成長を感じたポイントなどはありますか?

人に物事を説明するときに、根拠を示して、どう話したら納得してもらえるかを、考えられるようになったことです。これができるようになったのは、最初に関わったプロジェクトでOJTリーダーを担当してくれた先輩の影響です。私より1年先に入社した先輩だったのですが、論理的に物事を考えて自分の意見をしっかり言える方で、たった1年の違いなのに自分とこんなに力の差があるのかと驚きました。そこから先輩をお手本に、話し方や考え方を意識するようになりました。

Q7.学生の方へメッセージをお願いします。

もちろんITに関する知識や技術も大切ですが、ベリサーブはチームで仕事を進めるのが基本なので、積極的にコミュニケーションを取る姿勢はとても重要です。机に向かう勉強だけではなく、サークルの人と話したり、新しい友達を作ったり、とにかく自分の知らない人と話す機会を増やしてみると、社会人になってからもきっと役に立つと思います。