Recruiting New Graduates

社員メッセージ | 新卒採用

Recruiting
New Graduates

モノづくりの上流工程から
携われることに驚きました​

R.A

2012年度新卒入社/理系
東日本オートモーティブ事業部

Q1.学生時代はどんなことに打ち込んでいたのですか?

小学校から高校まで9年ほどサッカーをやっていました。ポジションはディフェンダーだったのですが、自チームの仲間と協力して、強いチームやプレーヤーを抑えられた時は嬉しかったですね。ベリサーブでは、社内のサッカー部の部長をやっていて、その他にも週に1回ほどフットサルをやっています。チームで何かを達成するという活動が自分には合っているので、ベリサーブのチーム単位でプロジェクトに取り組むというスタイルは性に合っていると思います。

Q2.ソフトウェア検証という仕事を選んだ理由を教えてください。

もともと、モノづくりに関わりたいという気持ちがあり、最初はメーカーやIT企業を中心に就活をしていました。そんな中、たまたま就職サイトでベリサーブを見つけて「検証ってどういう仕事なんだろう?」と興味を惹かれたのがきっかけです。説明会への参加後、検証という形でモノづくりに携わることも一つの選択肢として考え始めました。

Q3.入社してからベリサーブのイメージが変わった点はありますか?

入社前は、単純に形になった製品の検証を行う会社だと思っていました。しかし、実際には仕様書作成や仕様書そのものに対する検証、製品の要望書に対する検討などの業務があり、モノづくりの上流から携われるんだなと認識を改めました。
反対にイメージが変わらなかったのは、チームワークやコミュニケーションを大事にする会社だというところです。

Q4.これまでで印象に残っている案件やエピソードがありましたら教えてください。

入社後、最初に取り組んだ仕事です。自分なりに考えながら業務を進めていたつもりだったのですが、誰にも相談せずにわからないことをわからないまま進めてしまいました。最終的に一からやり直さなくてはいけないことになり、結局余計な手間と時間がかかってしまいました。この失敗以来、周りの先輩に逐一相談や確認をするように行動を改めました。皆、相談がしやすく、何でも話しやすいところが、ベリサーブの大きな魅力だと思っています。

Q5.仕事をやっていて、楽しさを感じるところはどんなところでしょうか?

モノづくりの上流工程に携われることです。数年先に発売される製品に携わることができることにやりがいを感じています。
また、普段の業務ではお客様に臨機応変な対応を求められることが多く、マニュアル通りに進まないこともあります。しかし、急な相談を受けても、いつの間にかきちんと応答できるようになることもあり、そんな自分の成長を感じられる瞬間は嬉しいですね。

Q6.ベリサーブの良いと思う点を教えてください。

教育や研修に力を入れているところです。ここ2、3年は特に研修実施回数や、バリエーションも増えています。研修のお知らせが社内メールで届くので、自分の興味のあるものに参加することができます。私自身もマネジメントや英語の研修に興味があるので、積極的に参加していきたいです。
その他には、若手でも活躍しやすい環境があることですね。若くてもチームリーダーをやっている方が多く、私自身もチームリーダーになることを目標に、日々業務に取り組んでいます。

Q7.学生の方へのメッセージをお願いします。

ベリサーブは検証の会社ですが、検証と一口に言っても、仕事の領域は想像以上に広いです。その領域は数年前と比べても、どんどん広がってきています。例えば、以前はプログラミングを行う業務はほとんどなかったのですが、今ではテスト自動化のニーズが高まってきたり、自社製品の開発にも取り組むようになったり、プログラミングの技術を持つ人が活躍できる場面が増えました。また、配属先によって仕事内容が大きく変わりますが、非常に多くのプロジェクトがあるため、皆さんのやりたいことにフィットする配属先が見つかりやすいと思います。