Service

テスト自動化ソリューション

テスト自動化ソリューションは、ソフトウェアの第三者検証のパイオニアであるベリサーブの知見を駆使して、テスト自動化の仕組みの構築から、実運用までを支援するサービスです。自動化により、効率的かつ正確なテストを実現し、テスト品質の向上に貢献いたします。

テスト自動化の導入メリット

テスト自動化のメリットは、テスト工数削減だけではありません。自動テスト環境を構築し、テストを繰り返し行うことで、バグをより早い段階で発見し、機能追加や仕様変更によるデグレードリスクの防止にも貢献します。また、継続的なメトリクス測定(ソフトウェア品質測定)をもとにしたプロジェクトの素早い状況把握を可能にします。

開発生産性の向上と品質強化に大きく貢献する自動テストは、市場ニーズの変化に合わせて、製品を継続的に成長させるための重要な基盤となります。

ベリサーブは、お客様の製品の品質向上とビジネスを成功に導くテスト自動化導入支援とテスト自動化環境をご提案させていただきます。

  • POINT1 効果的なテスト自動化の実施により、開発側と素早い連携が可能となり、開発サイクルの高速化を実現します。
  • POINT2 テストにおけるミスの防止や、テストプロセスの標準化により、プロジェクト全体のコスト削減につながります。
  • POINT3 テストに関わるメトリクス(指標)を継続的に収集することで継続的なテストプロセスの改善に貢献します。

ベリサーブのテスト自動化で実現できること

ベリサーブのテスト自動化で実現できること

テスト自動化の導入コストと注意点

これまで手動で実施されてきたテストを自動化することにはさまざまなメリットがあります。その一方で、取り組んだテスト自動化が思ったほど成果を上げられない、あるいは長続きしない、という例も多く見られます。その原因としては、テストケースの成熟度や反復度を正しく識別できていなかったり、テスト自動化にかかるコストを正しく見極められていないことが挙げられます。

テスト自動化にかかるコストには、

  • 自動テスト実装自体のコスト
  • 最適化のための結果分析コスト
  • 自動テスト運用のコスト
    • などが挙げられます。

    「自動テスト実装自体のコスト」は、一般的に1回の手動テスト実行の3倍程度のコストがかかると言われています。
    「最適化のための結果分析コスト」と、「自動テスト運用のコスト」は、テスト自動化実施期間中に継続してかかるコストです。これらの自動化コストが、手動で実施する場合のコストを確実に下回る状況を見極めて適用しなければ、ROIの面からはテスト自動化が成功したとは言えません。
    コストを適切に抑えるにはテスト自動化に関する知識と経験が必要となります。

ベリサーブのテスト自動化ソリューションの強みと価値

テスト自動化を成功に導くには、自動化を前提としたテスト設計を行うことが重要です。ツールと各種サービスを組み合わせることで、お客様のご要望に応じたシステムと体制をご提案いたします。

ベリサーブのテスト自動化ソリューションの強み

1.テスト自動化の前後もサポート

適切に分析、設計されたテストでなければ、自動テストシステムの効果が発揮されません。また、自動テストシステムの効果が薄れてきた際には、新たなテストの観点や分析手法を取り入れることが重要です。ベリサーブは、テスト分析手法と設計技術の研究開発(産学協同、オープンコミュニティ含む)に継続的に取り組んでおり、最新技術の早期獲得を最大の強みとしています。

2.あらゆるツール、環境への対応と提案力

Micro Focus社QC/UFT One、Selenium Web Driver、Appium、Magic Podなどの、デスクトップ、Web、モバイルに対するテスト自動化ツールのデファクトスタンダードをはじめ、自社開発ツールによる組み込み分野への対応拡張など、ベリサーブがこれまでテストに携わったあらゆるソフトウェア・ドメインに対し、テスト自動化のご提案が可能です。

3.全社一丸のサポート体制

現場で発生した技術的課題の解決には、ベリサーブが構築しているリアルタイム情報共有基盤を活用することで、本社技術部門や支援部門などが一丸となって解決に当たります。

ベリサーブのテスト自動化ソリューションの価値

ベリサーブのテスト自動化ソリューションの価値は、お客様の開発サイクルを加速させることです。
設計フェーズでは、開発プロセス、テストプロセスの診断を実施し、サポートします。
導入フェーズでは、各種自動化ツール、CI※1、SCM※2の選定・導入とテストケースの実装を行います。
運用フェーズでは、テスト結果やツールのアウトプットを分析し、開発側へ素早いフィードバックを行います。
これらにより開発サイクルの加速が実現します。テスト自動化の環境は、変化の速度に合わせた製品・サービスの進化に欠かせない重要な基盤となります。

テスト自動化を『設計』『導入』『運用』のフェーズに分け、開発サイクルを加速

テスト自動化を『設計』『導入』『運用』のフェーズに分け、開発サイクルを加速

※1:Continuous Integration(継続的インテグレーション)
※2:Software Configuration Management(ソフトウェア構成管理)

改善例 不具合修正コストの削減

某大手企業様の事例発表では、システムテストフェーズにおけるテスト自動化の取り組みの前後で、不具合修正日数が半減した、という報告がありました。テスト自動化は不具合修正コストの削減のみならず、デリバリー日数の短縮にも貢献できることが示されています。

評価結果:システムテストフェーズでのテスト自動化導入によるバグ修正日数のbefore,Afterを比較したグラフ

評価結果:システムテストフェーズでのテスト自動化導入によるバグ修正日数のBefore/Afterを比較したグラフ

※システムテストフェーズでの自動化導入前後で、バグ修正にかかる日数の中央値が約5日から、2日まで減少

「自動テスト」から「品質モニタリング」そして「品質インテリジェンス」へ

「自動テスト」は、機能や一部の非機能をテストし続けます。静的テストや各種メトリクス分析など、品質にまつわる情報を収集し、現状を常にモニタリングできるようになるのが、次のレベル「品質モニタリング」です。さらに一歩進めて、多様な定量情報のトレンドの良し悪しをシステム自体に判断させて、適切な範囲にアラートを発行する「品質インテリジェンス」のレベルまで到達すると、ソフトウェア開発の足元は盤石であると言えます。

テスト自動化の導入がソフトウェア開発の足元を強化します

テスト自動化導入前 テスト自動化導入後
設計変更時、不具合修正時の
影響範囲特定
設計変更や不具合修正の際、影響範囲の特定に時間を要する。 自動回帰テストにより、設計変更や不具合修正の影響範囲を常に検証できるようになる。
各種メトリクス取得 レビューや単体テストなどの開発中のプロセスにおいて、メトリクスの取得が困難。データを集計、分析する場所もない。 自動テストシステムが各種メトリクスを自動的に収集。分析方針も実装しておくことで、プロジェクトマネージャーは、分析結果を見ながら次のアクションに向けた判断をするだけで済むようになる。

テスト自動化の全体イメージ(開発のプロセス)

テスト自動化はそれ自体を独立して考えるものではなく、サービスやプロダクトのテスト全体の中で考えることが重要です。お客様のプロジェクトの戦略や要求に沿って、テスト全体の戦略や計画を定めた上で、ツールの選定やCIの導入なども含め効果的なテスト自動化の実現をサポートします。

開発プロセスにおける自動テストの全体的なイメージ図

テスト自動化についてのよくあるご質問

Q.既に保有している自動化ツールを使って自動化してもらえるでしょうか?

A.可能です。但し、当社におけるツールの利用実績が少ない場合は、当社標準ツールで実施するよりも期間と費用が掛かる場合があります。

掲載されている製品名、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。