Service

現新比較検証サービス

現新比較検証サービスは、システムマイグレーションやWindowsアップデート時に実施する、現行システムと新システムの比較検証作業を支援するサービスです。現新比較支援ツールによる一次判定と、エンジニアによる二次判定を組み合わせて、正確で効率的な検証を実現できます。

導入メリット

  • POINT1 新旧比較の精度を向上させ、トラブルの無い移行プロジェクトを実現します。
  • POINT2 手作業による現新比較と比べ、作業時間の削減が期待できます(当社平均:約20%)
  • POINT3 比較の際のエビデンスを残すことで、次回以降の基礎資料として活用できます。

現新比較テストにおける課題

マイグレーションやWindowsのアップデートのプロジェクトにおいて、3~5割を占めるとも言われる現新比較テスト。
表示崩れ、文字崩れ、リンク切れなどの不具合防止はもちろん、周辺のシステムと連携している場合、影響範囲の絞り込みも求められるため、テストにおいては高いエンジニアスキルと膨大なコストが必要になります。
また、現新比較テストの現場においては、目視で改修前後のシステムを比較していることが多く、エンジニアの主観的な比較により合否判定の基準が曖昧になることや、比較結果のドキュメントが残りにくいという課題もあります。
当社の提供する「現新比較検証サービス」はそのような課題を解決し、お客様のテスト効率化に貢献いたします。

<現新比較テストのあるべき姿>

  • 正確な比較検証
  • 短納期・低コスト
  • 客観的な視点による合否判定
  • ドキュメントの保持

ベリサーブの「現新比較検証サービス」は

正確・低コスト・短納期

マルチプラットフォーム
対応&フルサポート

サービスの概要

マイグレーションやWindows(OS)移行に伴う、画面や帳票の現新比較検証を現新比較支援ツールを使い、より早く正確に、効率的な検証を行います。

  1. 1.あらゆるプラットフォームに対応
  2. 2.画像比較で比較精度向上と効率化を同時に実現
  3. 3.ツールのインストール、チューニングもフルサポート

サービスの特徴

現新比較支援ツールによる一次判定とエンジニアによる二次判定を組み合わせることで、正確かつ効率的な検証を実現

現新比較検証は、一つ一つの画面や帳票ごとに確認を行うため、特に大規模プロジェクトの検証を実施する場合、目視によるチェックやエビデンスの取得作業の負担が大きく、ミスも発生しやすくなります。また、比較検証実施者による主観的な判断により合否判定の基準が曖昧になることも大きな課題です。当社の現新比較検証サービスは、二段階の判定を行います。一次判定では、ツールによる自動チェックによって作業を大幅に削減することが可能です。一方でツールでは判断ができない、プロジェクト固有の要件に対しては、当社の経験豊富なエンジニアが、ツールの比較結果を二次判定いたします。この手法により、正確かつ効率的な現新比較検証が可能となります。目視や手作業による比較作業の工数を約20%削減することが期待できます※
※当社プロジェクト平均値

比較結果のエビデンスを確実に取得

比較結果(比較結果ステータスや比較元と比較先の画像ファイルなど)をExcelに自動的に出力します。また、差異を発見した際には、差異が発生している箇所を示す画像を出力します。画面キャプチャを手作業で取得する負担を無くし、キャプチャ忘れによるエビデンスの消失も防止できます。

安心のフルサポート

ツールのインストールや、チューニングも含め当社エンジニアが実施いたしますので、最小限のリソースで、現新比較検証を実施可能です。

サービスの流れ

下記は、マイグレーションやOSバージョンアップなどを含む、現行と変更後の新規状況との”比較検証業務“の主な作業全体の流れになります。
※作業期間は目安となります。診断対象や時期に応じて記載日数から増減する可能性があります。

掲載されている製品名、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。